PHOTON FRONTIER NETWORK

平成20年度採択 文部科学省「光・量子科学研究拠点形成に向けた基盤技術開発」 最先端の光の創成を目指したネットワーク研究拠点プログラム

Photon Frontier Network, Japan

ENGLISH

プログラムディレクター ご挨拶

PD 加藤 義章 “光にもっと光を!”

プログラムディレクター 加藤 義章

光の特徴は、その多様性です。周波数、位相、偏光、振幅などのパラメータを変化させることで、情報の送受信や物質との相互作用などに、極めて多くの変化を生みだすことができます。近年、光の生成、測定、利用に関する科学技術が質的な変化を遂げ、「新しい光科学技術」は、イノベーション創出や産業競争力向上に不可欠なキーテクノロジーとなってきました。

この度、先端光科学の展開と人材育成を目的として、「最先端の光の創成を目指したネットワーク研究拠点プログラム」が発足したことは、我が国の科学技術の基盤を強化する上で、極めて画期的なことと言えます。幸い、関東地区、関西地区を中心として素晴らしいネットワーク研究拠点が構築され、意欲的な活動が展開されています。PO各位と協力して両拠点の活動を強力に支援するとともに、社会に貢献する科学技術としての光科学の発展に、お役にたてればと思っております。

2009年4月